忍者ブログ
広島県三原市には「やっさ検定」というご当地検定があります。この資格を通して三原を楽しみたいと思っています(2011年度の試験に合格しました!!)。検定に向けての勉強や三原市の魅力を紹介しています♪
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みはら雑学王に掲載されている「和久原川の水刎」を見に行ってきました。
みはら雑学王の中では「江戸の水刎」として、取り上げられ、「江戸の石垣技術の高さを誇る重要な土木遺産」と評されています。

hane11229.JPG
神明大橋の上から水刎眺める。
hane21229.JPG
橋北側から。これも水刎??
hane1229.JPG
看板も立っています。以下が内容です。
 

和久原川水刎(館町)
川岸から川中に向けて三角形に石垣を築き出し、川の流れを弱める役と、流れの方向を変えて三原城の「東築出」の用地を確保する為に造られた石積みと考えられます。流水の強く当たる所の大石には、それぞれに穴を開け、鉄棒を通して連結してあるそうです。このような特技を持った三原石工は、愛知県の宇和島に呼ばれ、その土地の干拓工事に手腕を発揮しましたが、その優れた技術の故に、かえって妬まれ、非業の最期を遂げました。これを哀れみ、その供養の盆踊りが彼の地に残っている由「白松克太三原昔話」。現在水刎は和久原川西岸の東大橋の川上に一ヶ所、川下に五ヶ所、上流の清水橋の川下にも二ヶ所残っております。三原志稿には延宝八年(1680年)水刎、塵除を設けるとの記事が見えますが、これは河原谷川の事かとも解されます。尚 三次市の浅野堤にも刎が造られていました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
コンテンツ
本ブログのコンテンツ一覧です♪
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/20 たこれもん]
[03/20 たこれもん]
[03/08 三原]
[03/06 のんびりと畑]
[03/06 たこれもん]
プロフィール
HN:
たこれもん
性別:
男性
自己紹介:
三原市に住んでいるサラリーマンです。産まれてからずっと三原で育ってきました。そしてこれからも・・三原を愛し続けます(笑)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) やっさ検定で楽しむ三原市 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]